Home » DREAM OF JUJUBE TREES-RECOLLECTION OF SINGAPORE AND PLANTATION IN MALAYA DURING WORLD WAR 2/Japanese Version by YOSHIYUKI HIRANO
DREAM OF JUJUBE TREES-RECOLLECTION OF SINGAPORE AND PLANTATION IN MALAYA DURING WORLD WAR 2/Japanese Version YOSHIYUKI HIRANO

DREAM OF JUJUBE TREES-RECOLLECTION OF SINGAPORE AND PLANTATION IN MALAYA DURING WORLD WAR 2/Japanese Version

YOSHIYUKI HIRANO

Published
ISBN :
Kindle Edition
36 pages
Enter the sum

 About the Book 

棗の夢‐回想の記「シンガポールとマレー農園指導」について本書は父春太郎が生前書き残した三部作の手記の中から「シンガポールとマレー農園指導」に関する記述部分全文を抽出し編集したものである。春太郎は、(昭和)年7月から(昭和)年月まで日中戦争に従軍し、まる年間にわたる軍隊の任務を終えて帰国した。その後しばらく舞鶴海軍工廠で青年学校の指導をしていたが、一年ほど勤めた時、知人を通じて、「フィリピンのマニラか、シンガポールの農園に行ってくれないか」という知らせが大阪の石原産業から届いた。More棗の夢‐回想の記 「シンガポールとマレー農園指導」について 本書は父春太郎が生前書き残した三部作の手記の中から「シンガポールとマレー農園指導」に関する記述部分全文を抽出し編集したものである。春太郎は、1938(昭和13)年7月から1942(昭和17)年5月まで日中戦争に従軍し、まる4年間にわたる軍隊の任務を終えて帰国した。その後しばらく舞鶴海軍工廠で青年学校の指導をしていたが、一年ほど勤めた時、知人を通じて、「フィリピンのマニラか、シンガポールの農園に行ってくれないか」という知らせが大阪の石原産業から届いた。壮大な規模の農園を担当するという、夢のような役目だった。 中国戦線での激しい戦闘の合間、春太郎は大陸の大自然に魅せられ、揚子江流域で乗馬に没頭したり、現地住民に関心を抱いて、駐屯地近くの池に洗濯にやってきた村の婦人たちから中国語を教わったりしていた。その経験から現地人も日本人も同じ人間であると思っていた。マライ語も、経験上、3ヶ月くらいで何とか話せることが分かっていた。東洋一の都と言われるシンガポールに行ってみたい気持ちになった。 当時は太平洋戦争の最中であり、渡航する30パ